事業内容のご紹介 トータル物流システムを、交通の要衝・岡山から

◆ 航空貨物・海上貨物

保管・流通加工・出荷を企画から運用まで

スピーディーな航空輸送

 経済がグローバル化する時代。航空、海上輸送の役割が高まっています。
  中四国屈指の国際空港である岡山空港は、都道府県が管理する第3種航空のなかで初めて滑走路を3,000メートルに延長。増加してゆく貨物の受け入れ態勢が整いました。
  航空便では食品、精密機械など速さを問われる製品が多く扱われています。
  また当社は、岡山という地の利を生かし、関西国際空港も随時、活用。世界各国とスムーズにつなぎます。

大量、安価な海上輸送

 瀬戸内海に開いた水島港は、岡山空港と同様にFAZ(輸入促進地域)に指定されています。大量に安く運べる海上輸送では、輸入は石油製品、輸出は鉄鋼、自動車が中心となっています。
  水島港はアジア5ヶ国をつなぎ、またアクセスの容易な神戸港・大阪港は世界各港を結び付けます。岡山通運はニーズに応じて3港の輸送を的確に柔軟に使い分けます。

中国地方のデポ

 国際物流に欠かせないこととして、通関業務があります。煩雑な書類手続きをスピードアップするため、岡山ではいち早くオンライン処理できるNACCS(貨物通関情報システム)を導入。手続きによる時間ロスを解消しました。
  ドレージ輸送から、倉庫での保管、流通加工、配達まで行い、空と海と陸を自在に運用し、効率的な物流ネットワークを実現しています。
SAFETY & QUALITY
安全そして品質のために

 ナックスによる通関手続きは、1ヶ所で1度に済ませることができます。貨物を保管する保税蔵置場を本社、岡山空港に設置しているので、効率よく、合理的にご利用いただけます。
  航空機のテロ対策が求められる現代、貨物の積み込み時間がかかるようになりました。当社は、特定航空貨物利用運送事業者(RA)の認定済み。貨物と保護と保安に責任をもつことで、お客さまの負担を減らし、貨物の航空機搭載をロス無くスピーディに行います。