環境への取り組み トータル物流システムを、交通の要衝・岡山から

◆ 環境への取り組み

グリーン経営について

環境を考えたエコドライブの実施

車輌の燃費向上を目標として岡通では環境への取り組みを考え管理目標として設定しています。
環境基準に適合した環境にやさしい低燃費の車輌への入れ替えを行っています。
全ての車輌にはデジタコ(車輌運行管理装置)を設置し、走行速度や急発進・急加速の回数など常時運転状況を記録しています。
運転者の運転状況を厳しく管理するとともに、エコドライブ講習とあわせドライバー全員がエコドライブを推進しています。

また、岡通の車両の運転席には蓄冷式クーラー、蓄熱式暖房マットを導入し、暑い時期や冬場でも待機・休息時のアイドリングストップを行っています。
さらに、排ガス検査、タイヤ空気圧検査、エアーフィルター清掃の記録など、車輌の状態を徹底的に管理し、不具合、トラブルがある場合はすぐに岡通内車輌整備工場において修理を行ないます。


四ツ星のトラック

岡通では、環境四ッ星認定を受けたトラックのみを扱っています。
また、常にアイドリングストップ運動・黒煙カットキャンペーンを実施中です!


省エネ運転実施中

「地球温暖化」に代表される地球全体の環境問題で、 それぞれの立場での取り組みが求められている中、岡通でも物流のエコ化を推進しています。 その1つが、「省エネ運転」です。従業員全員が省エネ運転講習を実施し
* 一般道→法定速度
* 高速道→80km/hでの走行
* エンジン回転2000回転以下の運転
* 空吹かしの排除
* 車から離れる場合のアイドリングストップ等
排出ガスに含まれる有害物質の削減とエコドライブによる燃費向上を常に心がけています。